「あしたのジョー」のその後はどうなっていると思いますか?

ジョーはホセに敗れた後、丹下と別れ一人旅にでる。
5年後、泪橋でマンモス西と再会。
西から丹下の死を聞く。
ホセとまた試合に‥
セコンドには、西が丹下の遺影写真を持ってジョーが世界チャンピオンになる。
マンモス西がスピンオフ的に主人公になっているんです。物語はジョーのお墓参りから始まります。マンモス西に声をかけたのは、白木ジムのお嬢様、彼女に説得されボクシングのコーチをやらないかと誘われます。そこで矢吹にそっくりな青年に出会い、一緒に矢吹がつかめなかった栄光を掴むためにもう特訓し、最後には2人とも真っ白に燃え尽きるんです。
ホセ・メンドーサとの試合で燃え尽きてしまったジョー。
何もやる気がせず、ぶらぶら街を歩いていると力石徹そっくりの男と出会う。
何とその男は力石の弟でジョーと戦うためにボクシングを始めたというのだ。
燃え尽きたはずのジョーが再びメラメラと燃え始める!

シェアいただけると嬉しいです☆


投稿する

「あしたのジョー」のその後を自由に想像して書いてください。

※投稿は管理人の承認後に公開されます。