「カウボーイビバップ」のその後はどうなっていると思いますか?

スパイクの死はそれで完了、それで良い。
人はいつか死ぬ訳で
死ぬのに良い日だった訳で向こうの世界でジュリアと出会って幸せに暮らしてて欲しい。原作を崩したくは無い。
ジェットは相棒を無くしたが、フェイと言う最強の相棒を得て現在の仕事を生業にする。それとカウボーイを生業にしながらレッドドラゴンを潰す為にレッドドラゴン絡みの仕事は金度外視でなんでもやる以前のマッドドッグになる。
フェイは全体的に帰る場所が無い刹那的な生き方をしてた訳で、やっとホームが出来た際にスパイクの死、、、ジェットを一人にできずにビバップ号でジェットとプラトニックな恋愛のような親子のような関係を続けている。
エドは別れて旅をするが、、、ビバップ号が抗争に巻き込まれスパイクの死を知りビバップ号に戻る。
アインはエドに付き添うままビバップ号へ

日頃お互い言わないが、一年に一回だけスパイクの葬いをする。
そんなビバップ号かな、、、
スパイク、腹立つよ。残された皆んなは時間が経過できずに居るよ
ま、俺達は猫の話が嫌いだから、いつかお前を忘れてやるけどな、、、
スパイクとビバップの皆んな永遠に。
主人公スパイク。最終話にて死んだかのように描かれていたが、奇跡的に一命を取り留め回復後、暫くは探偵稼業を再開する。その後ある事件がきっかけで自身の組織を立ち上げ
レッドドラゴンの野望を砕く活動に終始する。相棒のジェットは、元刑事仲間の口添えで刑事職に復帰。フェイは、とある秘密機関にスカウトされ、女性工作員として活躍。
そんなスパイクやフェイの行動にジェットの捜査の手が伸びる事も・・。

シェアいただけると嬉しいです☆


投稿する

「カウボーイビバップ」のその後を自由に想像して書いてください。

※投稿は管理人の承認後に公開されます。