「電波教師」のその後はどうなっていると思いますか?

電波教師、アニメしか見たことがないけれど、書いてみます。
ある日鑑家に純一郎の元同級生(月島葵とします)が現れる。葵は純一郎と同じYDで、それを聞きつけた暦がスカウトして銀杏学園に就職。桃園マキナが通う3年2組の担任になる。そんな中、次第に葵と純一郎は惹かれ合っていき、生徒たちの後押しもあって遂に結婚。しかし葵は、第三子出産後に失踪してしまう。
結婚から5年後。純一郎は葵を探したが、結局見つからず。
葵の面影を追いながら、5歳の長女、2歳の長男、1歳の二女を、純音と育てる純一郎のもとに、叶美奈子が訪れる。
美奈子はライバルをぶち抜き、日本でも有名な声優となった。結婚したことを伝えるために、純一郎を訪ねたのだった。
さらに、続々と訪問者がやってくる。かつての教え子や、授業を受けた者たちだった。
式島切子は独立して、アキバでも名の知れたメイドカフェ店長に。千波花音はスカウトされて、アイドルに。
七海征十郎はサッカー界の新スターに。天上院騎咲はそのペンネームのまま漫画を描き、アニメ化される。
荒木光太郎はモデルに。最初は女性の恰好だけをしていたが、編集者の意向で、Hey!Sey!JUMPの伊野尾慧みたいな可愛い系としても有名に。
蔵持円はヘル・ゲイツから猛アタックされ、なんだかんだで結婚、既に4人の子持ちに。KMCも栄え、アクティビションフリゲートはさらに勢力を拡大していく。
小宮姉妹は仲睦まじく暮らしている。滝もアイドルデビュー。花音とはライバルに。
無響零子は、純一郎が教えてくれた面白い「漫画」にのめり込み、駆け出し漫画家に。
純一郎は彼らの姿に胸を打たれ、葵を再び探し始める。
その頃、葵は記憶喪失になり、桃園マキナに世話をしてもらっていた。が、マキナは5年付き合った彼氏と結婚することになる。これ以上世話をすることは無理だ。そう思ったマキナは弟の一也と協力し、葵を純一郎の元へ連れていくことを決意した。
世界中を探し回ったものの、純一郎は葵を発見できず。とぼとぼ家に帰ると、そこには葵が待っていた。純音が引き取っていたのだ。純一郎を見た葵は記憶を取り戻し、二人は再び夫婦となった。
そして第4子、三女が生まれる。その顔は西九条まとめにそっくりだった。

シェアいただけると嬉しいです☆


投稿する

「電波教師」のその後を自由に想像して書いてください。

※投稿は管理人の承認後に公開されます。