「四月は君の嘘」のその後はどうなっていると思いますか?

かをりを失って有馬公生は、より悲しみを背負ってしまったけれど、周りに支えられて、なにより彼女の意思を引き継いで立派なピアニストとして大成功するのではないかなと思う。
なくなってしまった彼女には申し訳ないけれど、一番の理解者でありかをりのことも知っている幼馴染の椿と将来的には幸せになってもらいたいな。

シェアいただけると嬉しいです☆


投稿する

「四月は君の嘘」のその後を自由に想像して書いてください。

※投稿は管理人の承認後に公開されます。