「機動戦士ガンダムSEED」のその後はどうなっていると思いますか?

種のあと運命ときて、次は何になるのか・・・。

デュランダル議長無きあと、ディスティニープランは中止となり、
ナチュラルとコーディネーターは和平に向けて動きだしていた。

その後平和を取り戻してから5年が経過したところから物語は再開される。

デュランダル議長の意思を継いだ議長派を中心にディスティニープランのデータを用いて
廃棄されたコロニーの跡地や月の地球連合軍の基地跡で極秘裏に進められていた。
そしてその中心にいたのは、なんとクローンのデュランダル議長だった・・・。

既にディスティニープランは、戦う者としての宿命を植え付けられた『ソルジャー』として大量にクローンコピーされ
かなりの勢力が作られていた。

それはまるで5年前の様に。
前回と異なるのは、地球連合にはジブリールの様なカリスマが居ないことだった。
唯一独自の道を行っていたオーブも、統一国家とは協力体制を敷いていたのであった。



。(ん、何か聞いたことが有る展開・・・)


気になるのはカップル(シングル)のその後かな。
・アスランとメイリン
・ディアッカ
・ミリアリア
・カガリ
・自称大佐(少佐)と魔乳とバルトフェルドの三角関係。

3,4年あれば、子供の一人や二人は居るかと。
寿命の件はどうなんだろね。

ナチュラルとコーディネーターのハーフなら1.5倍くらいになったりしてね。

シェアいただけると嬉しいです☆


投稿する

「機動戦士ガンダムSEED」のその後を自由に想像して書いてください。

※投稿は管理人の承認後に公開されます。