「エースをねらえ!」のその後はどうなっていると思いますか?

藤堂貴之&岡ひろみ→ひろみの現役終盤に結婚。ひろみを支え続けた藤堂だが、結婚以降はひろみが内助の功を発揮して、夫をサポート。円満な家庭を築く。

桂 大悟&竜崎麗香→父の会社の後継者として、大悟が社長に就任すると時期を置かずに桂家から正式な縁談が持ち込まれ、お蝶夫人は社長夫人に。多忙な夫を理解し、自らも事業に参画する。

千葉鷹司&緑川蘭子
新聞記者からカメラマンに転向。文筆家として活躍する蘭子と意気投合し、結婚。

※宗方 仁&ジャッキー•ビント
(宗方コーチが生きていたら、という前提ね)
ひろみのことを話すうちに惹かれ合うように。共に大人の男女としての人格に触れ、やがてお互いに無くてはならない存在となり、国際結婚へ。
仁の祖父母は始めは驚くも、大らかにジャッキーを宗方家の嫁として迎え入れる。ジャッキーは祖父母との意思疎通の為、日本語習得の猛勉強中。

尾崎 勇
大悟と麗香の結婚を笑顔で祝福し、心の中は大号泣ながらも立ち直り、国際弁護士として活躍中。現在は父からの勧めで女医とお見合いした女医と交際中。

香月 茂
西高の体育教師兼テニス部のコーチ。
英 玲とは今も良い友人。ひろみと藤堂の結婚パーティーでは二人が司会進行役を務め、大いに盛り上げた。
宝力冴子
日本プロテニス育成協会の『同時通訳』兼『外国語会話講師』

日本テニス協会とは別に、日本テニスプロ育成協会を立ち上げる!

出資者は、
竜崎理事・・・50%
お蝶夫人・・・12.5%
緑川蘭子・・・12.5%
藤堂貴之・・・12.5%
尾崎 勇・・・・12.5%

役職
【理事長】竜崎麗華の父
【顧  問】太田 洋平/桂大悟
【指導者】
  プロ育成担当:竜崎麗華/緑川蘭子/藤堂貴之/尾崎勇
  幼児時~中学生担当;岡ひろみ/英玲/香月茂
【メディカルドクター】音羽京子
【カウンセラー】愛川牧
【管理栄養士】星野美保
・音羽京子は、自分の怪我を経験し、整形外科の女医さんとなる。

・千葉CHANは、カメラ好きから、プロ写真家となり、AVからアイドル、有名ブランド雑誌の専属カメラマンとなる

・岡ひろみのコンビを巡って、緑川蘭子VSお蝶夫人のバトル勃発
 が!お蝶夫人は、あの手この手を遣い、最後はテニス協会理事長であるパパに頼んで、ひろみと コンビを組む

岡ひろみはテニスを今はしていない。テニスに関連した職業にも就いておらず、日々合コンの毎日、今は女優になりたいと言っている。あれほど仲が良かった牧とも疎遠、なんしろ牧は、今や世界的なテニスプレイヤー。
岡ひろみはオリンピックで優勝。憧れの藤堂さんと付き合うかと思いきや、現地で知り合った外人イケメン選手と結婚。

尾崎と藤堂は、イケメンテニスプレーヤーとして
活躍する一方、CMタレントとしても売れている。

お蝶夫人は、バタフライという、自分の会社を設立、テニス用品全般を販売し、美人社長として活躍している。

緑川蘭子はその長身を生かし、モデルに転向。パリコレにも出ている。

宗方コーチは、行方不明…。

シェアいただけると嬉しいです☆


投稿する

「エースをねらえ!」のその後を自由に想像して書いてください。

※投稿は管理人の承認後に公開されます。