「鋼の錬金術師」のその後はどうなっていると思いますか?

エドが最終回のラストページでウィンリーと結婚して、子供も2人できましたが、その後も旅を続けているといいなと思います。もしくは、マスタング大佐が昇進して大総統になり、その下でエドがまた自由に働いているのもアリだと思います。アルはメイと結婚して、できればメイにはシンから嫁いでエドたちと同じ町で暮らしていてほしいなと思います。
いったんはすべての錬金術を失ったエドワードとアルフォンス。だが、平和な時代はそう長くは続かなかった。経済恐慌を引き金に世界各国が争いを始める時代が始まり、自分たちの国を守るため、彼らは再び錬金術を身につけ、新たな敵と戦っていく。
エルリック兄弟が旅に出てから数年後、兄エドワードエルリックはウィンリィと籍を入れ子供ができ、その子供が国家錬金術師になる為に勉強をマスタング大佐に教えを乞う。リン・ヤオが国王となりアルフォンスエルリックがランファンと付き合い、その後結婚に至る。
エドは錬金術がつなえなくなりましたが、ウィンディと幸せに暮らしていると思います。子供も増えて、ごくごく普通の生活をしていてほしいです。アルは錬金術がつかえるままで、人のために使っていると思います。

シェアいただけると嬉しいです☆


投稿する

「鋼の錬金術師」のその後を自由に想像して書いてください。

※投稿は管理人の承認後に公開されます。