“その後”を想像しよう。

アニメで展開されるストーリー。それが終わった後、キャラクターは、世界はどうなっているでしょう? 続きを自由に想像してみましょう。

新着の投稿

「My little pony -トモダチは魔法-」のその後
そのとき、シャドースパークが一瞬穏やかになって、トワイライトに戻った。トワイライトは、「た…す…け……て…」と言って、一瞬でシャドースパークに戻り、また暴れだしてしまった。5人は気づいた。シャドースパークはトワイライトが病んで暴れだしたのではなく、トワイライトの意識を誰かが乗っ取って操っているということに。「何とかしてトワイライトを乗っ取っているやつをトワイライトから離さないと…!!」五人は、どうやったらトワイライトから、乗っ取っているやつを引きずり出せるか考えた。でも、何も思いつかない。このままではトワイライトが危ない…!!
何かいい方法はないの⁉
「リトル・マーメイド」のその後
アリエルとエリックの間にメロディー以外にハーモニーと言う女の子とフォルテと言う男の子が生まれ、5人家族になる。
だが、ハーモニーはアリエルの遺伝で、尾がアリエルより薄い黄緑で髪がピンクの人魚として生まれてくる。とりあえず相談にトリトンの所に行ってみることにした…
続く
「My little pony -トモダチは魔法-」のその後
黒くボロボロになったトワイライトは「シャドースパーク」と名乗った。
5人はトワイライトを助けるため、ナイトメアムーンの時と同じようにエレメント・オブ・ハーモニーを使おうと思ったが、エレメント・オブ・ハーモニーの「魔法」の要素がトワイライトのため発動できず、途方に暮れていた…(トワイライトの本名はトワイライトスパークルです。)
「My little pony -トモダチは魔法-」のその後
何年もたったある時、トワイライトはプリンセスとして魔法の猛勉強を始めた。
友達とは勉強のためしばらく距離を置こう、と決めたトワイライトは、ポニービルを離れ、あまりポニーのいない森で暮らすことにした。
そして、森で暮らし始めてから数か月経ち、トワイライトは、ピンキーパイ、レインボーダッシュ、ラリティー、アップルジャック、フラッターシャイの5人達に会えない寂しさで自暴自棄になっていた。
ある日の朝、プリンセスセレスティアから森で事件が起きていると聞きつけた5人は、トワイライトが心配で、私にしばらく会ってはいけないと言っていたトワイライトとの約束を破り森に駆けつけた。
そこには、真っ黒でボロボロになり、暴れまくって森をめちゃくちゃにしているトワイライトがいた…
「忍たま乱太郎」のその後
乱太郎達が、3年生になった5月。
くノ一教室・3年い組・ろ組・は組が、合同校外実習での出来事。

一週間の校外実習が無事、終了し忍術学園に帰る途中、足取りが悪い魔界之小路先生と、ドクたま達が、歩いていた。

山田先生が、
『どうなされたんですか?魔界之先生!』
と尋ねると、魔界之先生が、
『実は私とドクたま達が、校外実習を終え、ドクたけ教室に戻ろうとしたら、ドクタケ城は、火の海となっていたんです。
お城の中には木野小次郎竹高が居たと思います。
多分、焼死されたかと・・・。
稗田八方斎校長は、城内に居たと思いますが、木野小竹高とは別々だった・・・。』
と話した。

ドクたま達は、かすり傷程度ではあったが、この様な事から、大声で泣きわめいていた。

山田先生の指図のもと、くノ一教室とい組のメンバーは、急ぎで学園長に報告をし、新野先生にすぐ治療が出来る様に伝えた。

すると乱太郎が、
『山田先生、今、医務室内の薬、少し不足しています。
で、善法寺先輩が、城主の指示の元、越中の国にて新薬や薬草について、研究・開発しています。』
と伝えた。
『では、乱太郎・きり丸、善法寺君を忍術学園に至急、来る様、迎えに行ってくれ。
お城には、利吉に事情を伝える。
ろ組・は組は、先生達とドクダケ城に行って、状況を見て来るのと、稗田八方斎を探して来る。』
と、山本シナ先生に伝えた。

そんな遣り取りをしている中、相変わらずプライドだけは、右に出る者はいないい組が、
『山田先生、どうして僕達もドクダケ城に連れて行かせてくれないんですか?』
と伝七と佐吉が、怒りながら言い放った。

その時、野村先生と利吉さんが、
『その答えは簡単さ!
君達は、余りにも実践に弱すぎるからさ!』
と、圧力をかけた。

『山田先生、この状況から行くと、大体、分かります。
きっと、ドクタケ城は、落城したんですね。
私は、山田先生の手伝いをし、利吉君は善法寺君の城主に、善法寺君を2週間程、借りる様、依頼の繋ぎをお願いします。』
と言って、ろ組・は組と先生方は、ドクダケ城に向かった。
「カウボーイビバップ」のその後
スパイクの死はそれで完了、それで良い。
人はいつか死ぬ訳で
死ぬのに良い日だった訳で向こうの世界でジュリアと出会って幸せに暮らしてて欲しい。原作を崩したくは無い。
ジェットは相棒を無くしたが、フェイと言う最強の相棒を得て現在の仕事を生業にする。それとカウボーイを生業にしながらレッドドラゴンを潰す為にレッドドラゴン絡みの仕事は金度外視でなんでもやる以前のマッドドッグになる。
フェイは全体的に帰る場所が無い刹那的な生き方をしてた訳で、やっとホームが出来た際にスパイクの死、、、ジェットを一人にできずにビバップ号でジェットとプラトニックな恋愛のような親子のような関係を続けている。
エドは別れて旅をするが、、、ビバップ号が抗争に巻き込まれスパイクの死を知りビバップ号に戻る。
アインはエドに付き添うままビバップ号へ

日頃お互い言わないが、一年に一回だけスパイクの葬いをする。
そんなビバップ号かな、、、
スパイク、腹立つよ。残された皆んなは時間が経過できずに居るよ
ま、俺達は猫の話が嫌いだから、いつかお前を忘れてやるけどな、、、
スパイクとビバップの皆んな永遠に。
「忍たま乱太郎」のその後
乱太郎達が4年生の学年末。
委員会活動で、上級生が居ない委員会は、乱太郎達の代が、委員長代理をする事になった。

委員長代理を決めている最中、嫌味連発の安藤夏之丞先生が、
『学級委員会と会計委員会以外は、は組の連中に任せれば良いんです。
学校で重要な、学級委員と会計はい組に任せれば、安泰安泰。
学級委員会と会計委員会をは組に任せたら、滅茶苦茶にしてしまいますからね~。
それに、委員長代理やら委員長になったら、仕事が増えてしまい、勉強が疎がなりますからね。』
と、お茶をすすりながら、学園長に向かって呟いた。

そこへ、山田利吉さんと立花仙蔵先輩が廊下側から、
『本当にそうでしょうか?安藤先生。』
と、立花仙蔵が言いながら障子を開けた。

安藤先生が、
『それは、どう言う事だね!』
と利吉さんや仙蔵先輩に向かって、問いかけた。

立花先輩が、
『確かに、乱太郎達が学級委員会長や会計委員会長になったら、滅茶苦茶になるかも知れません。
逆に、自分が!自分が!と言っているわりには、自分さえ良ければ、い組さえ良ければと言うオーラが、あからさまに出ています。
が、は組のメンバーは人を蹴落としたり、他人任せにはしません。
逆に、気配り目配りが出来、人を纏めたりする事に関しては、い組よりはるかに優れています。
教科や実技に関しては、3年生レベルですが、実践に関しては、い組どころか、我々より優れています。
今日、我々がここに来たのは、今現在ろ組&は組が全国の優秀なお城から、オファーが来ており、それを学園長にお伝えしに来たんです。』
と、学園長と安藤先生に伝えた。

安藤先生が、
『それは本当か!?
教科や実技に関しては、3年生レベルの、ろ組&は組が、何故、優良なお城からオファーが、既に来ているんだ!?』
と、些か興奮気味に言い放った。

利吉さんが、
『その答えは明白です。
ろ組は、斜堂先生のご指導のたまもので、素早く気配を消し、レポート等の文章を書かせたら完璧に書き上げます。
は組は、補習と言う名目で、数多く校外実習を受け、実践に強くなったからです。
お城としては、学校の授業さえ出来れば良いと言う考えは持っていません。
ろ組・は組共、協調性はあり、素直な性格、人思いが有る性格の人材を探して居るんです。
特に乱太郎やきり丸に関しては、今すぐ卒業させ、城に就職させたいと、城主達が言っているんです。』
と、現状の事を事細かに話した。

すると安藤先生は、
『今から、い組の可愛い生徒を売り込みに行って来る。』
と、学園長や利吉さん、立花先輩の前で話すと、
立花先輩は、
『それは無理です。
い組は、プライドが高すぎてますし、個人プレーに走りがちです。
何よりも、実践に弱すぎます。
その経験は、乱太郎達が1年生の時のレベルより下です。』
と、あっさりと現状を話した。


「クレヨンしんちゃん」のその後
しんのすけは、酢乙女あいと幼稚園で卒業して
あいちゃん離れ離れになり酢乙女家は外国で、
小中高大を受ける。しんのすけは、風間くんとネネちゃんとマサオくんとボーちゃんは小中高まで一緒だった。しんのすけが高校を卒業して大学進学に進み、大学卒業後。酢乙女あいと結婚するつもりだったが、残念ながらそう思い通りにならなかった。実は、しんのすけが大学在中の時好きな彼女がいたので、大学卒業した後しんのすけは大学で一緒だった彼女と結婚をした。
しんのすけとあいちゃんが再会した時、あいちゃんはとてもショックを受けた。その時、黒磯さんはあいちゃんを慰めてくれた。
黒磯『お嬢様泣かないでください。』と言い
酢乙女あい『煩いですわねぇ、黒磯。あいは、しん様とご結婚するつもりだったのよ!…しん様はどうしてあの女と結婚したのですのよ…あいはこれからどうしたいいのよ。』と言った。あいちゃんは泣くのが本当に止まらなかった。しんのすけと再開した時、しんのすけが大学で一緒だった彼女と結婚したと言うことをあいちゃんにその言葉を与えた。しんのすけは、大学で一緒だった彼女をあいちゃんに紹介した。もう、しんのすけとあいちゃんが再会した時は、本当に大人だった。
そして最後に、あいちゃんとさよならをして酢乙女あいは また、外国に帰国した。
その後、しんのすけが結婚した彼女と幸せの日々を過ごしていた。子供も生まれてきて、楽しく幸せを送っている。しんのすけと大学で一緒だった彼女は幸せにね。
「忍たま乱太郎」のその後
『御免下さい。
大木雅之介君・山本シナ君の御自宅は、こちらで宜しかったですかね?』
と、声が聞こえた。

喜三太が、
『おや~!どこかで聞いた事がある声!』
と、ポツリと言った。

大木先生が、戸を開けに行くと、風魔流忍術学校の、山村リリー先生、古沢仁之進と錫高野与四郎、元忍術学園のくノ一教室生徒、ゆきchan・ともみchan・おしげchanが居た。

ゆきchanが、
『山本先生、こちら私達3人からの出産の品です。
私達、お転婆だったから、御裁縫等が苦手で、山本先生に何を贈ろうかと、茶店で相談していたら、風魔流忍術学園の山村先生にお会いしたんです。
事情を話したところ、オムツは幾つ有っても重宝すると、おっしゃって。
御裁縫が苦手な私達でも、綺麗に出来るからと、ご指導いただいたんです。
オムツは2日間で、これだけ作れたのですが、赤chan用の服は、なかなか綺麗に出来ず悪戦苦闘しましたが、3日3晩徹夜して、5着作製しました。
生まれて来る子の性別が分からなかったので、犬とか向日葵の絵柄で、明るく元気なお子様になって頂きたかったので!』
と、話すと乱太郎の母が、
『わ~、助かるわ!
オムツの事なんて、すっかり忘れてたわ(笑)』
と、何時もの明るい声で笑っていた。

そんな時、山本シナ先生が急に陣痛に見舞われ、苦しみ始めた。
そこへ、りりー婆chanが
『こりゃ~あかん。出産が始まるわい。』
と言いながら、上がり始めた。

『あ~そうそう!乱太郎の母さん、お湯とお水沢山、用意して!
土井先生夫人と、そのご両親、出産の準備して下さい。
ゆきchan・ともみchan・おしげchan、山本先生の手をシッカリ握っているんじゃぞ!』
と、色々、指図をしていたら、

『山村リリー先生の手、握っていたい!』
と、山本シナ先生が叫んだ。

『な~んで、この俺じゃ~無いんだ!』
と、土間ウロウロしている大木先生。

土間で、お湯を沸かしていた乱太郎の母が、大木先生に
『亀の甲より歳の甲と、昔から言われていて、山村リリーさんの手を握っているだけで、安心するものなんですよ。
山本シナ先生、大きな声で叫んでおりますが、リリーさんの手の温かみ、体中で受け止めているから、きっと安産ですよ。』
と、笑顔で答えた。

『男って、この時だけですよね。助ける事が絶対、出来ないのは!
やはり、女性は、こんな事をするから、オレ達、男性は外で大手を振って仕事が出来るんですよね。女性に感謝です!』
と、乱太郎の母に話した。

すると、乱太郎が、
『何時もだったら、大きな声で、ど根性!と言っている大木先生が、珍しくしんみりしている!』
と、大木先生に呟いたら、元は組一同が、うんうんと頷いた。
すると大木先生が、
『お前らアホか!
お前ら、もう一度、忍術学園の1年は組に送り返そうか!?
俺だって、初の出産に立ち会ってるんだ!しんみりしちゃ~いけないってか!?』
と、チクリと言った。

すると、山本シナ先生の声が静かになり、大きな声の男の赤chanが誕生した!

大木先生&山本先生に居合わせたメンバーが、大きな声で万歳三唱をした。

子供の名前は、『平次』と命名され、山田伝蔵先生が、
『どっかで聞いた事がある名前なんだが~!』
と、考えていると、乱太郎ときり丸が口を揃えて、
『忍術学園の学園長の名前だと思います。』
と、しょぼくれた声で言うと、忍たまのお約束で、山本シナ先生&乱太郎&きり丸以外は、後ろにコケた。

「忍たま乱太郎」のその後
元乱太郎ん家の玄関先で、息遣いの荒い男性の声で、
『大木雅之介先生&山本シナ先生のご自宅は、ここで宜しいでしょうか!?』
と、聞き慣れた声が聞こえた。

大木先生が戸を開けると、汗だくでいまだに息遣いの荒い小松田秀作さんが立っていた。

小松田さんが、
『間に合って良かった~!!
こちら、忍術学園の先生方と食堂のおばcyan、乱太郎君やきり丸君が1年時から6年時までのメンバーと、くノ一教室、更に忍術学園でお世話になった方々、そして山田先生&土井先生&乱太郎君の父上&そしてこの僕が勤務している城主からの寄せ書きを書いて貰いました。
僕自身、山本先生に出産祝いに何を贈って良いか分からなかったんです。
僕の実家が扇子だから、扇子より団扇にして、こんなコメントを書いて来ました。
小松田オリジナルの団扇で、世界に1つしか無いんです。』
〔↑表:ファイト/裏:ガッツだ!で1つ〕

更に小松田さんが、
『寄せ書きを見れば、顔とどんな性格だった人か、頭の良い山本先生ならすぐ思い出せます。
コメントを見て、背中を後押ししてくれるのと、常に応援してくれている方々が、傍に居ると思うし。
しょんぼりされている山本先生は、誰も見たくないはずです。どんなに辛くても、厳しい試練に立ち向かって行くのが、本来の山本先生だと思って・・・。
この寄せ書きの用紙、小松田家特製で、撥水&防水加工が施されています。』
と、山本先生に話すと、
『流石、入門表や出門表のサインを記入させる事にかけては、右に出る者はいない小松田君らしいわね。
確かに、皆からの一言が、辛い事でも乗り越える勇気や元気が貰えるわね♡』
と言いながら、笑顔で寄せ書きの用紙を胸元で抱きしめた。