“その後”を想像しよう。

アニメで展開されるストーリー。それが終わった後、キャラクターは、世界はどうなっているでしょう? 続きを自由に想像してみましょう。

新着の投稿

「エースをねらえ!」のその後
宝力冴子
日本プロテニス育成協会の『同時通訳』兼『外国語会話講師』

「エースをねらえ!」のその後
日本テニス協会とは別に、日本テニスプロ育成協会を立ち上げる!

出資者は、
竜崎理事・・・50%
お蝶夫人・・・12.5%
緑川蘭子・・・12.5%
藤堂貴之・・・12.5%
尾崎 勇・・・・12.5%

役職
【理事長】竜崎麗華の父
【顧  問】太田 洋平/桂大悟
【指導者】
  プロ育成担当:竜崎麗華/緑川蘭子/藤堂貴之/尾崎勇
  幼児時~中学生担当;岡ひろみ/英玲/香月茂
【メディカルドクター】音羽京子
【カウンセラー】愛川牧
【管理栄養士】星野美保
「エースをねらえ!」のその後
・音羽京子は、自分の怪我を経験し、整形外科の女医さんとなる。

・千葉CHANは、カメラ好きから、プロ写真家となり、AVからアイドル、有名ブランド雑誌の専属カメラマンとなる

・岡ひろみのコンビを巡って、緑川蘭子VSお蝶夫人のバトル勃発
 が!お蝶夫人は、あの手この手を遣い、最後はテニス協会理事長であるパパに頼んで、ひろみと コンビを組む

「電波教師」のその後
電波教師、アニメしか見たことがないけれど、書いてみます。
ある日鑑家に純一郎の元同級生(月島葵とします)が現れる。葵は純一郎と同じYDで、それを聞きつけた暦がスカウトして銀杏学園に就職。桃園マキナが通う3年2組の担任になる。そんな中、次第に葵と純一郎は惹かれ合っていき、生徒たちの後押しもあって遂に結婚。しかし葵は、第三子出産後に失踪してしまう。
結婚から5年後。純一郎は葵を探したが、結局見つからず。
葵の面影を追いながら、5歳の長女、2歳の長男、1歳の二女を、純音と育てる純一郎のもとに、叶美奈子が訪れる。
美奈子はライバルをぶち抜き、日本でも有名な声優となった。結婚したことを伝えるために、純一郎を訪ねたのだった。
さらに、続々と訪問者がやってくる。かつての教え子や、授業を受けた者たちだった。
式島切子は独立して、アキバでも名の知れたメイドカフェ店長に。千波花音はスカウトされて、アイドルに。
七海征十郎はサッカー界の新スターに。天上院騎咲はそのペンネームのまま漫画を描き、アニメ化される。
荒木光太郎はモデルに。最初は女性の恰好だけをしていたが、編集者の意向で、Hey!Sey!JUMPの伊野尾慧みたいな可愛い系としても有名に。
蔵持円はヘル・ゲイツから猛アタックされ、なんだかんだで結婚、既に4人の子持ちに。KMCも栄え、アクティビションフリゲートはさらに勢力を拡大していく。
小宮姉妹は仲睦まじく暮らしている。滝もアイドルデビュー。花音とはライバルに。
無響零子は、純一郎が教えてくれた面白い「漫画」にのめり込み、駆け出し漫画家に。
純一郎は彼らの姿に胸を打たれ、葵を再び探し始める。
その頃、葵は記憶喪失になり、桃園マキナに世話をしてもらっていた。が、マキナは5年付き合った彼氏と結婚することになる。これ以上世話をすることは無理だ。そう思ったマキナは弟の一也と協力し、葵を純一郎の元へ連れていくことを決意した。
世界中を探し回ったものの、純一郎は葵を発見できず。とぼとぼ家に帰ると、そこには葵が待っていた。純音が引き取っていたのだ。純一郎を見た葵は記憶を取り戻し、二人は再び夫婦となった。
そして第4子、三女が生まれる。その顔は西九条まとめにそっくりだった。
「笑ゥせぇるすまん」のその後
喪黒福造は永遠不滅で、これからも人を陥れて生きていく気がする。
「名探偵コナン」のその後
実は、何故かコナンの親しみで持った事は。信じられない。深い意識がどん底で‼実は、一般論田村美波がダウン症をまぎわらせて始めて語ります
「名探偵コナン」のその後
色々検索していただきましたが⁉コナンの婚約者について田村美波一般論が、心配事では❗少年探偵団体行動力と、毛利探偵事務課の警視庁本部の達での迷惑かけたと婚約者が明かさせます
申し訳ございません
「名探偵コナン」のその後
コナン君が居候してる毛利探偵事務課では。論理的な事を、彼女みたいな扱いに。毛利蘭姉さんの言う江戸川コナンの実の姉が、と言う事で‼したかぱれ❤⭕父毛利小五郎さんに。ちやほやされる場面も?小五郎さんの可愛い❤所です、ねその関心を、持ってください。とコナン君の発言力ですそこまでも反省点しなかった❤コナンの頭でっかちな方法論で‼良く切れる
「名探偵コナン」のその後
江戸川コナンの婚約者については❗まちがい無しですが、心配事が登場人物キャラクターの里親明細として活躍するのみ。チャンスがあれば?新一はいつも?バーロを隠し崩壊する場合婚約者が明かされるシノブレドラブレター
「クレヨンしんちゃん」のその後
しんのすけ 酢乙女の会社に務め、あいと結婚して同時に社長に就任。姉と弟の二児を授かる。

風間 アメリカの会社の社長になる。

ネネ 保育士→性格との理由でマサオと別れてボーちゃんと結婚。

マサオ 漫画家(アシスタント)売れっ子漫画の臼井よしとに憧れている。

ボーちゃん カスカベ防衛隊のなかでは唯一の大学出身で医者

あい しんのすけと結婚。結婚後は専業主婦となる。

ひまわり 後に風間トオルと結婚する。アメリカに勤務している。

子供(しんすけ、もね、はやた、ようた、くるみは新星カスカベ防衛隊。)

あゆみ しんのすけとあいの第一子の子供。母親と似ておりしっかり者。モテキだが一蹴されている。

しんすけ しんすけとあいの第二子。あゆみの弟。女好きを除けばしんのすけとほぼ似ている。しんのすけ曰く「オラに近い存在」と言われている。

もね ボーちゃんとネネの子供。しんすけの同い年。母親譲りの性格でリアルおままごとをやることは好き。石拾いをすることもたまにある。

はやた チーターこと河村 やすおの子供。しんすけにセクハラ行為が多い。しんのすけ曰く「どこかの誰かさんに似ている。」とのこと。

高宮 ようた しんすけの友達であり、野球好き。

風間 くるみ 風間トオルとひまわりの子供でありしんすけの従兄弟。海外留学をしている。父親とは違い芸術の才能や、運動神経もあまり良くない。天然ボケな一面が強い。